HOME >> Q&A

Q & A

お仏壇について

  お仏壇を購入したいのですが、どんな点に注意すればよいでしょうか?
  お仏壇の種類はさまざまです。
ご本尊とご位牌・お仏具だけは宗派に合わせますが、形に決まりはありませんので、仏間の有無、部屋の広さ、調和するデザイン、予算などを考慮して選びましょう。
ただし、仏壇の高さは座ってお参りする際にご本尊を少し見上げるくらいの位置が適切かと思います。
  引っ越しにともなうお仏壇の移動、または処分する場合はどうしたらよいのですか? お仏壇の移動
  移動には「お精抜き」という儀式が必要です。
これはご本尊の魂を抜くという意味があり、お寺様にお経をいただきます。その後、仏壇店に依頼し、移動とお仏具の飾り付けを行い、お精入れをしていただきます。
また、世話をする人がいない、新しく買い替えるなどの理由で古いお仏壇を処分する場合も、お精抜きをした後、仏壇店に処分していただきましょう。
  お仏壇のお手入れの仕方を教えてください。 水拭き厳禁
  お仏壇は非常にデリケートなもの。水気を嫌いますので、お手入れする場合は必ず乾拭きで行いましょう。
また、慎重に扱わないと傷ついてしまうことがあります。仏壇店ではクリーニングも受け付けていますので、そちらを利用するのがよいかと思います。
このページの上へ戻る

お墓について

  戒名を代々彫っていませんが、どうしたらよいですか? 戒名イメージ
  戒名は家系図のようなものです。きちんと彫るようにしましょう。
昔は墓石本体に刻みましたが、現在はお魂抜きが必要ない墓誌板に彫ることが多くなっています。
  古くなった墓石は建て替えてもいいのでしょうか?
  はい、問題ありません。
長い年月とともに傾きや汚れ、傷みなどが生じている場合は、建て替えや修理をおすすめします。
  お墓開きについて教えてください。
  お墓開きは僧侶の手により、単なる石から故人の霊が宿ったものに変える儀式です。
お供え物は宗旨・宗派によって異なりますが、一般的には海の物、山の物、野の物、紅白餅などを墓前に配置し、墓石のさらしを除幕して読経、焼香を行います。
  お墓のお手入れ方法を教えてください。
  墓石の汚れは水を含んだタオルで拭き取り、角や溝などはブラシを使って掃除しましょう。お墓参りの際に、墓石の手入れと敷地内の草むしりを習慣付けると綺麗に保つことができます。
最近は墓石専用のクリーナーなども使われています。
このページの上へ戻る